患者様とご家族に優しい医療を心がけています
依存症治療をはじめて30年の実績があります

初めての方へ

新規に受診を希望される方は、まず当院の精神保健福祉士へご連絡ください。予約をお取りいたします。

外来について

アルコール依存症を中心に、ギャンブル依存症、ネット依存症への対応を行なっています。各種心理検査を行なっています。

入院について

依存症治療は時間がかかる病気です。当院はミーティング、認知行動療法を中心としたプログラムを提供しています。

アルコール依存症

アルコール依存症者は全国に107万人いると言われています。長期間のアルコール暴露により、飲酒への渇望、耐性による飲酒量の増加、離脱症状などが見られる心と体の病気です。

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症者は全国に320万人いると言われています。強迫的なギャンブル行為へのとらわれから抜けられず、借金を重ね、家族や職場など多くの人を巻き込んでしまう病気です。

ネット・ゲーム依存症

青少年を中心に広がっているのがゲーム依存症で、全国に500万人以上いると言われています。男性ではオンラインゲーム、女性ではSNSにのめり込み、引きこもり生活となっています。

当院のネット依存の取り組みが宇部日報に掲
企画室”スマイル”よりみんにゃ食堂へマス
令和2年6月20日(土)13:30〜14
土曜日(月2回) 13時30分から14時
一般社団法人山口県病院協会による本年度病
新型コロナウイルス対策で中止となっていた

ギャラリー

アクセス