アルコール依存症治療専門病院 高嶺病院

Menu

News

【重要なお知らせ】新ホームページに移行しました

 高嶺病院は新しいホームページアドレスと電子メールアドレスに変更となります。今後ともよろしくお願いいたします。

新ホームページアドレス: http://koryohp.com

新メールアドレス: info@koryohp.com

高嶺病院は創立30周年

 平成24年3月1日で、高嶺病院は、創立30周年を迎えました。

★第139回★
★アルコール勉強会★

テーマ:『アルコール依存症と看護〜 知ってほしいのアルコール依存症 〜』
講師:高嶺病院 看護師 杉村 直人
日時:平成28年11月18日(金)
19:00〜20:30

 落ち葉が風に舞う頃となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて11月の勉強会のご案内です。 今月の勉強会は看護部からです。アルコール依存症って難しいなと感じている人も、より深く知ってもらうことでもっと身近になればと思います。 今年最後の勉強会となります。
 お誘い合わせの上、多くの方のご参加を心よりお待ちしております。

高嶺病院 連絡先

医療法人社団 信和会 高嶺病院

〒759-0134 山口県宇部市大字善和187番地の2

電話番号 0836-62-1100(代)
ファックス 0836-62-1105
メール info@koryohp.com

Links

更新履歴

免責事項・著作権について

このサイトでは、画面解像度は、800×600以上を推奨いたします。

旧サイトでの訪問者数
(2003.11.1 − 2015.02.15)
178,819件

現在の閲覧者数:

 

** 【重要なお知らせ】新ホームページに移行しました **

 高嶺病院は新しいホームページアドレスと電子メールアドレスに変更となりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

新ホームページアドレス: http://koryohp.com
 (旧アドレス): http://www4.ocn.ne.jp/~koryohp/

新メールアドレス: info@koryohp.com
 (旧メール): koryohp@bronze.ocn.ne.jp

 

ごあんない

 高嶺病院は、アルコール依存症の治療専門病院です。 アルコール依存の治療において三十年の実績があります。 アルコール依存は本人が気付かない病気です。 まず、御家族が病院に相談されるようおすすめします。

 予約制になっておりますので、予めご連絡ください。 電話受付時間 8:30〜17:00(月〜土)祝日を除きます。診察・相談の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

 尚、電子メールやお電話での医学的質問、相談はご遠慮下さい。

待合室 病院内ホール

 

アルコール勉強会

(注)本アルコール勉強会は、人を支援する職業についている人を対象としております。よって、アルコール依存などにおいて、当事者や当事者の家族の方は、この勉強会に参加することができませんのでご理解ください。

** 第139回アルコール勉強会のお知らせ **

 落ち葉が風に舞う頃となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて11月の勉強会のご案内です。 今月の勉強会は看護部からです。アルコール依存症って難しいなと感じている人も、より深く知ってもらうことでもっと身近になればと思います。 今年最後の勉強会となります。
お誘いあわせの上、多くの方のご参加をお待ちしております。

アルコール勉強会 平成28年計画

 

** アルコール勉強会の感想 **

 アルコール勉強会に参加された方の声を掲載いたします。過去の感想は、こちらをご覧ください。

第139回アルコール勉強会 平成28年11月18日(金)

『アルコール依存症と看護〜 知ってほしいのアルコール依存症 〜』
講師: 高嶺病院 看護師 杉村 直人

○ 依存症は理解すればするほど難しいということを感じています。

○ 入職してまもないので、私にできるアルコール看護って何だろうと考え始めた時期でもあり、大変勉強になりました。

○ 今回の勉強会では依存症は誰でもなりえること、また断酒には自助グループを通じての人間的な成長が必要不可欠なこと等、様々な事がわかり大変有意義な時間でした。

第138回アルコール勉強会 平成28年10月21日(金)

『断酒会 体験発表 〜回復者からのメッセージ〜』
講師: 山口県断酒会 会員

○ 断酒会の方のお話はとても迫力がありました。自分と向き合い、欠点さえも認め、抱えて生きている姿に強さを感じました。

○ 貴重な体験談を聞くことができ、勉強になりました。アルコール治療へのアプローチのヒントをいただけました。

○ まだ勉強不足で何をしたらよいかわからなかった事が沢山ありましたが、今回の話をきいて非常に良い体験になりました。ありがとうございました。

第137回アルコール勉強会 平成28年9月16日(金)

『アルコール依存症治療における栄養士の取り組み』
講師: 高嶺病院 管理栄養士 今村 聖矢

○ 細やかな配慮と工夫に驚き、感激しました。栄養士がこのような形で関われることを知りませんでした。ありがとうございました。

○ 様々に工夫、研究されていることがよく分かり大変勉強になりました。多職種同士で協力し、見えてくるものがたくさんあるのだと思いました。

○ 色々な職種の方々が連携して患者さんを支えていることがよくわかりました。

○ 食生活は患者様に身近であって、いろいろな症状があらわれやすいとても重要な視点なのだと改めて考えることができました。

第136回アルコール勉強会 平成28年6月17日(金)

『地域移行の事例報告』
講師: 社会福祉法人 山家連福祉事業会 ゆめサポート 相談所 管理者
竹原 啓 様

○ 地域移行について丁寧な資料と説明でとても分かりやすく勉強になりました。様々な支援が行われていることがわかりました。

○ 地域移行の具体例を聞く機会がなかったので、事例を通して学べたことは大変ありがたく思いました。

○ 本人だけではなく家族も含めてサポートしていることなど、とても興味をもって聞かせていただきました。ありがとうございました。

第135回アルコール勉強会 平成28年6月17日(金)

『依存症とその周辺の問題 』
講師: 高嶺病院 精神科医長 田中 増郎 医師

○ 幅広くトピックスが入っていて、とても興味深く聞かせていただきました。今後の学生指導に参考させていただきます。

○ アルコールと併存症の話は大変勉強になりました。今までアルコールだけに目が行っていたような気がします。

○ 栄養指導と飲酒指導の対比が分かりやすかったです。また、問題に関しては成育歴をひもとくことが大切で、家族環境の影響を改めて理解し考えさせられました。ありがとうございました。

第134回アルコール勉強会 平成28年3月18日(金)

『アルコール依存症者から学んだこと 』
講師: 山口大学医学部附属病院 精神科神経科
萩原 康輔 医師

○ 専門的な話でしたが、医療従事者でない自分にも理解したり納得できる内容でした。ありがとうございました。

○ お話を聞く中で共感することも多く、受け入れることの意味が改めて解った気がします。ありがとうございました。

○ フランクル最高でした。哲学的な話がきけてよかったです。

○ ミーティングでの内容には、一つの解釈ではなくいろいろな観点があるのだと教えていただき、とても勉強になりました。

第133回アルコール勉強会 平成28年2月19日(金)

『発達障害を伴う視覚障害のある方への支援
〜治療につながるまでとつながってから〜 』
講師: 宇部市障害福祉課 保健師 大村 幸枝 様

○ 本人のこだわりや関わりについてもっと勉強したいと思いました

○ 今回の事例を聞いて、諦めない気持ちと多職種とのつながりの大切さを改めて考えることが出来ました。ありがとうございました。

○ 病院に来るまでの悪戦苦闘、中断のない関わり、相手の環境の中に入っていくという状況があり、それらを地域の支援者の方がされた後で私達医療はやっとかかわりをはじめるのだなと思うと、本当に頭の下がる思いでした。

第132回アルコール勉強会 平成28年1月15日(金)

『私のアルコール依存症治療体験』
講師: 高嶺病院 理事長 橋本隆 医師

○ アルコール治療の歴史を知る良い機会になりました。患者様が自助グループで回復されていく姿に励まされながら、これからも関わりを続けていきたいと感じました。

○ 先生のアルコール治療に対する強いエネルギーを感じました。多くの先生方の関わりがあり今日があることがよくわかりました。

○ 高嶺病院の30年余年を知るいい機会となりました。患者様が自助グループの中で回復していかれる様子、社会に復帰していかれる様子を思い浮かべながら聞かせていただき、日頃の自分の姿勢を振 り返る良い機会となりました。

第131回アルコール勉強会 平成27年11月20日(金)

『ギャンブル依存症について知ろう 〜ギャンブル依存症当事者の体験談〜』

○ 体験談+質疑応答でたくさんの話がきけて参考になりました。回復者の方の話は、相談を受ける時、諦めず対応するのにとても励みになります。

○ またこういう機会をつくって欲しい

○ 普段ゆっくりと聞くことのできない貴重なお話ばかりでした。ありがとうございました。

第130回アルコール勉強会 平成27年9月18日(金)

『アルコール依存症と作業療法〜当院作業療法の現在』
 講師: 高嶺病院 作業療法士 今田 将史

○ OT活動の流れがわかり、今後の業務の中でも参考にしていきたいと思います。

○ 作業療法のやりかた一つで人を動かす力があると感じました。

○ 活動の中でOTさんの成長を感じ、これからの新たなプログラムを楽しみにしています

第129回アルコール勉強会 平成27年8月21日(金)

『塀の中で行われていること〜山口の職員の感想として〜』
 講師: 山口刑務所 局 憲彦 先生

○ 刑務所のことは何も知らなかったので、幅広い活動に感心しました。

○ 刑務所内の酒害教育でも認知行動療法をされていることを知り、とても分かり易い内容で勉強になりました。

○ 酒害教育などで使用されているDVD等を見せて頂き、とても勉強になりました。

○ 再犯防止の為に何が出来るのか・・・、改めて考える機会をいただきました。ありがとうございました。

第127回アルコール勉強会 平成27年6月19日(金)

『アルコール依存症とは?』
 講師: 高嶺病院 院長 橋本 耕司 医師

○ 認知行動療法や抗酒剤の話はすぐに役立てそうな気がします。その他の知識も大変勉強になりました、ありがとうございます。

○ アルコール依存症で体も精神的にもボロボロになる前に専門病院の治療に早くつながればと思います。

○ 普段わからない専門用語なども説明を聞くことが出来てとても勉強になりました。

第126回アルコール勉強会 平成27年3月20日(金)

『地域生活定着支援センターの事業概要について』
 講師: 山口県地域生活定着支援センター スタッフ

○ わかりやすい資料とお話で大変勉強になりました。ありがとうございました。

○ 地域移行でコーディネイトした人の再犯率が低いのにびっくりしました。もっともっと広げてほしいと思いました。

○ 刑務所などの出所後の支援の必要性と実態を知ることが出来てとても勉強になりました。大変なお仕事だと思いました。

第125回アルコール勉強会 平成27年2月20日(金)

『AA(ハイヤーパワー)に関する考察』
 講師: 山口大学医学部附属病院 精神科神経科 金田 周 医師

○ 人とのつながり・・・素敵です、いろいろな事を考えました。来てよかったです、ありがとうございました。

○ 目からウロコのお話で、とても素晴らしかったです。もう一度お話が聞きたいです。

○ 自らの体験からハイヤーパワーへの考察。なるほど!ととても興味深く、すぐに時間が過ぎました。お話が聞けてとてもよかったです。ありがとうございました。

第124回アルコール勉強会 平成27年1月16日(金)

高嶺病院による事例検討会
「長期化した入院から退院へ…家族を含めた医療・支援の取り組み」

○ 一つの事例についてじっくり考えることができました。しっかりと振り返る機会がもててよかったです。

○ 勉強になりました。ケースの関わり方や考え方などすぐに仕事に役立てたいと思います。ありがとうございました。

○ 長期になってもあきらめず、関わっていくことが大事だと改めて感じました。今後の関わりの参考にしたいと思います。ありがとうございました。

第123回アルコール勉強会 平成26年11月21日(金)

『発達障害と依存症』
 講師: 高嶺病院 医長 田中 増郎医師

○ 実際の事例紹介があり、具体的にイメージすることができました。疾患に対しての支援ではなく、生活のしづらさに対しての支援はどの人も一緒というのが印象的でした。

○ 私の勤務先には様々な疾患の方がおられます。診断ははっきりしていませんが、発達症があるかもしれないという意識で対応すると、日々の支援も変わっていくのかもしれないと思いました。

○ 依存症と発達症の合併が多いということに驚きました。様々な視点で見ることが大切だと改めて思いました。ありがとうございました。

第122回アルコール勉強会 平成26年10月17日(金)

『回復者の雇用と職場内での役割について』
 講師: 高嶺病院 看護部長 大森 民恵

○ ツーキャップの人の話は現実的でとても素直に聞くことができました。彼らの雇用の意味などもよくわかりよかったです。

○ 経験を聞かせていただいて、アルコール・ギャンブル依存症のこと、働くことについて学ばせてもらいました。当院でも参考にしたいと思います。

○ 復職支援に際し、役に立つことがたくさんありました。また参加したいと思います。ありがとうございました。

第121回アルコール勉強会 平成26年9月19日(金)

『断酒会について学ぼう』
 講師: 山口県断酒会会員

○ 深い内容も話され貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。
○ 断酒会の実態を知ることができてよかったです。
○ 早期に、若いうちに断酒会のようなグループにつなげるにはどうすればよいか考えてみたいです。

 

トピックス

11. **  第100回記念講演 ** [H24.01.21(土)]

長 徹二先生 (三重県立こころの医療センター 医師)を招いて、『アルコール依存症の治療におけるエビデンスと動機付けとその工夫』という演題で講演していただきました。

 

過去にトピックスで掲載したものは、こちらをご覧下さい。

 

高嶺病院