アルコール依存症治療専門病院 高嶺病院

Menu

News

【重要なお知らせ】新ホームページに移行しました

 高嶺病院は新しいホームページアドレスと電子メールアドレスに変更となります。今後ともよろしくお願いいたします。

新ホームページアドレス: http://koryohp.com

新メールアドレス: info@koryohp.com

高嶺病院は創立30周年

 平成24年3月1日で、高嶺病院は、創立30周年を迎えました。

★第148回★
★アルコール勉強会★

テーマ:『大学病院におけるアルコール依存症患者のかかわりを踏まえて』
講師:山口大学医学部附属病院 精神科神経科
医師 佐々木 順 先生
日時:平成30年3月23日(金)
19:00〜20:30

 拝啓、春陽の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。  さて、3月のアルコール勉強会のご案内です。今回の勉強会は、週に1度当院に勤務されている佐々木先生に総合病院におけるアルコール医療の取り組みについてお話ししていただく予定です。 今年度最後の勉強会となります。お誘い合わせの上、多くの方のご参加をお待ちしています。 尚、勉強会の日程が変更になっておりますのでご注意ください。

高嶺病院 連絡先

医療法人社団 信和会 高嶺病院

〒759-0134 山口県宇部市大字善和187番地の2

電話番号 0836-62-1100(代)
ファックス 0836-62-1105
メール info@koryohp.com

Links

更新履歴

免責事項・著作権について

このサイトでは、画面解像度は、800×600以上を推奨いたします。

旧サイトでの訪問者数
(2003.11.1 − 2015.02.15)
178,819件

現在の閲覧者数:

 

「声」

 ノックピン

飲酒による長い俺の生きざまをアルコールの止まっている今思うと、自分勝手で、周りがどんなになってもいても何も思わず、酒さえあればいい、でたらめな生き方であった。酒がなければ落ち着かず、飲み続けていないと死んでしまう、本心、思っていた。酔ってさえいればいい、おいしい酒ではなかった。酒が切れると、当時の家族に八つ当たり、おどかし、手足が出る。妻の傷(心の傷)のたえ間がない。時々は反発もしてきたが、俺のすることが怖くてじっと耐えていた。子どもと2人で耐えていたのであろう。寝ていてふと目覚め、酒を思い出す。駄目だ、イライラする、我慢できない、妻をたたき起こす。「金をくれ、早く出せ」とせまる。「そんなお金ないわよ。」

 精神的にも身体的にも気持ちのうえでも、すでに限界がきている。月初めが幸いしたのか。殴られるのが怖くてか、1枚の千円札を出した。他に使うお金だったろう、俺はどうでもいい、一目散にパーキングまで行く。「グー」と1本飲みほす。「フーッ」と自分に戻る、また1本飲む、生きかえった。帰って床に入るが、今度は残りの酒が気になって寝付けない。駄目だ、手をのばして1本、飲んでまた1本、袋は空になる。外が白んだころ、今度は酒屋に出かける。昼間は駄目でも、早朝とか、店の閉まる前は、自分のまことしやかなウソの成功率が高い。店の人もバタバタしている。ウソ、たとえば「今日朝一番で現場作業の神事があり酒がいる。よって支払いは、すぐ若い者が持って来る。」80%成功する。酒を手にすれば、後はなんとかなるだろう。このようにしてウソをついてでも酒を手に入れないと俺は死んでしまう。

 ある時、酒屋に入る。「ごめんください、こんにちは」呼んでも店の人が出てこない。手に持てるだけの酒を持って店を出る。自動ドアが「ありがとうございました」と言っている。立派な犯罪だ。しかたない、俺には生きるためにアルコールがいる。またある時、寺で賽銭を取っていて和尚さんに見つかった。「警察に突き出す」、今度ばかりは駄目だと思った。正直に俺の気持ちを話した。「今度からはするなよ」と少しのお金をくれた。やはり仏心のある和尚さんだ、また飲める、アル中人生捨てたものでない。だが大きな間違いをしている。飲んで死ねたら本望と思い、いろいろなことをした、そんなことをしていた俺に大きな出来事が起きた。

 また酒を求め家を出ウロウロ酒を探していた。今思えば、神が俺を違う道に導いてくださったのだろう。行けども行けども山道が深くなる。途中で違った道に入っている。何時間たったろうか、すでに日は西に傾いていて、山道で寒さを感じる。その時目の前が真っ暗になり、ぶっ倒れた。もう駄目だ、祈った、「神様、助けてください。」しばらくして気が付いた。ふと横を見ると深い谷になっている、落ちたら命はなかっただろう。身ぶるいをする、今来た道を、しかたなくトボトボ帰る。少したったころ、後ろがピカッと光り声がした。「お前は、やり残したことがあるだろう。」後ろを見ても真っ暗く、何も見えない。誰も居ない。不思議だが声は聞こえた。真っ暗い道を家まで帰った。今日は一滴も飲んでいない、でもカラダの震えはない、家の中も明るく感じる、家族の顔もあの怖さを感じる顔に見えない。おかしい、あの時倒れた時に何か俺に教えてくれたのだろうか。怪我もしていない、おかしい、でも何か感じる。飲酒欲求もない、おかしい、不思議だ。散々やりたい放題をして周りを泣かし、悪行をしたい放題。警察のお世話にもなり、非人間的で自己中心の生き方をしてきた俺に一言「やり残したことがあるだろう。」何かの力が働いたのだろうか。周りを苦しめ、自分も苦しんだ酒、身心ともにアルコールに染まった自分がアルコールを断つ、厳しさがいる。

 入院させてもらって感じた。過去の入院はそれなりに慣れた院内生活、月日を数える毎日だった。当然止める気持ちもない。退院したら、違う方法で飲もう、そんな考えの入院生活だった。今回の入院生活は考え、思いが違った。あの嫌いなAAをやろう、助かる道はこれしかない。何かを知りたい、気づきたい、何かを手にしたい。自分で言うのはおかしいが、前向きな入院生活だったと思う。AAで教えてもらったことに、時間が薬、その薬が効いて来た時に気付きがある。止めただけでは駄目、考え方を変え、正しい生活のやり方、少なくとも迷惑をかけない生き方をする。相手は変わらない、自分自身を変える、そして受け入れ、行動に移す。

  俺には仲間がいる、アル中の仲間がいる、自助グループがある。そのキャンパスの中に答えがある。生き方を変えること、大変厳しく、辛い時もある。

  アルコールが止まり、しばらくの時間過ぎた今、あの禁断の苦しさはない。でもまだ大きな課題が俺にはあると思う。

 天気晴朗ナレド波高シ

 

 

高嶺病院