アルコール依存症治療専門病院 高嶺病院

Menu

News

【重要なお知らせ】新ホームページに移行しました

 高嶺病院は新しいホームページアドレスと電子メールアドレスに変更となります。今後ともよろしくお願いいたします。

新ホームページアドレス: http://koryohp.com

新メールアドレス: info@koryohp.com

高嶺病院は創立30周年

 平成24年3月1日で、高嶺病院は、創立30周年を迎えました。

★第148回★
★アルコール勉強会★

テーマ:『大学病院におけるアルコール依存症患者のかかわりを踏まえて』
講師:山口大学医学部附属病院 精神科神経科
医師 佐々木 順 先生
日時:平成30年3月23日(金)
19:00〜20:30

 拝啓、春陽の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。  さて、3月のアルコール勉強会のご案内です。今回の勉強会は、週に1度当院に勤務されている佐々木先生に総合病院におけるアルコール医療の取り組みについてお話ししていただく予定です。 今年度最後の勉強会となります。お誘い合わせの上、多くの方のご参加をお待ちしています。 尚、勉強会の日程が変更になっておりますのでご注意ください。

高嶺病院 連絡先

医療法人社団 信和会 高嶺病院

〒759-0134 山口県宇部市大字善和187番地の2

電話番号 0836-62-1100(代)
ファックス 0836-62-1105
メール info@koryohp.com

Links

更新履歴

免責事項・著作権について

このサイトでは、画面解像度は、800×600以上を推奨いたします。

旧サイトでの訪問者数
(2003.11.1 − 2015.02.15)
178,819件

現在の閲覧者数:

 

第20回高嶺病院同窓会より

20周年を振りかえって

F・M

 只今ご紹介いただきました、F・Mでございます。

 回復者の声ということですが、自己中心的で長年酒にとらわれていた自分ですが、酒を止め続けている今でも人間としての心の温かさ思いやりなど回復には程遠いです。

 今日はここで渡辺先生(*1)の心豊かに生きるという話を聞いて、生きるとは多くの方にお世話になっていることであり、生きていくとはそれを返していくことだと思いました。自分の過去への問いかけをきびしく洞察するところからその流れが始まるのではないかと思いました。見えないものを信じる、このことばは何故どうしてということばの繰り返しで、自分自身への問いかけであり、この何故を追求することが今の私には一番大事なことと思います。というのも、私はアルコール依存症なんです。飲酒時代に歩いた道の中で過去どうであったか、今どのような生き方をしているかとの繰返しを追い求めて行く、いい方を変えれば、自分の過去の生き方にこだわることが回復につながるのではと思います。

 一つの屋根の下に住み、一つの釜の飯を食べた、又一つの風呂に入り肌を寄せた何ケ月間。高嶺病院で多くの方々との出会いがありました。その出会いが人生を変えるといいますが、確かにその通りだと思うのであります。せまい地域におりながら、一生涯あわないでおわる社会の中で、宇部市のここで数知れない多くの仲間との出会いがありました。これは本当に不測の奇縁という言葉でしか表現できないだろうと思うのです。だからその何ケ月かの間に多くの方々から数々の思い出をいただきましたし、一番大事な酒のない人生の生き方を教えてもらいました。それで、「F・Mさん一年に一回よって交流しようではないか」という上田前婦長さんのご提案がありまして、「婦長さん非常によいことですから、一年に一度ではあるがお互いに心の交流をしよう」ということが決まったのが昭和 58年の11月だったと思います。それから毎年一回、そして今回で20回となります。

 こういう提案をしていただきました上田前婦長さんには、アルコール依存症という病気の治療は心のふれあいから始まるということを教えてもらいました。そういう声をかけてもらいました病院の関係の方にも心からお礼を申しあげたいと思います。

 私自身も57年5月に入院したのですが、その当時、一緒の部屋に今日ここに来ておられるFさんという方がおられました。晩になると正直というか真面目なというか月の光が照らす窓辺によって「母ちゃん、悪かった。姉ちゃん、悪かったの。今度は本当に酒をやめるからのう」と言っておられ、時々鳴咽で感情の高まりを感じましたけれど、「俺はやめはせんよ」とFさんに言っていました。こんなにおいしいものがやめられるかと。自分自身が酒で仲間も出来たし、仕事も出来たので、私から酒をとったら何も残りはしない、まして酒をやめる気なんてぜんぜんありませんでした。

 その内、Fさんはお帰りになりましたけれど、私は2ケ月たっても3ケ月たってもどうしても「いつか退院したら適当に飲む」とか、「確かに飲む量が多かったからこの病院につれてこられたのだ」という概念しかありませんでした。3ケ月4ケ月たつうちに私自身が感じたのは「酒を飲んだのはさほど問題ではなかった。飲んでしたことが問題じゃった」ということに気付くことが出来たような気がします。というのも、入院される方が奥さんや子や親と一緒にこられる時、何と言うか、もうこれ以上のない嘆きの声で話されるのを聞いた時、自分自身が、ただ酒の飲みようが多かったのではなくて、俺もやっばり女房をたたいたり蹴ったり殴ったりしたこと、それに両親も子どももいましたが、家族の中が暗かったことが次第次第わかるようになりました。入院した時はもう女房と別れておりましたし、50過ぎの私をつかまえて親父が「お前みたいなものは死んでしまえ」と言いました。母は「お前みたいな肝焼きをおいては死なれんから私と一緒に死のう」と言っていました。その時女房とは別れておりましたので「女房は逃げれば他人じゃからいいけれど、親はどうにもならない」と言っていました。私も「これではいけん、これではいけん」と思って「今度から止めるからな、今度からお母さん止めるからな」と何度も何度もやって何十年かたったわけです。それくらいやっぱり親は思っておりましたし、子どもは子どもでこんな暗い家は嫌といって一人で東京に出て行きました。女房と別れた時、女房はこう言いました。「あんたは何かな、爺ちやんや婆ちゃんがあんなに泣いて頼んで、それなのに何でわからんのかね、あんな酒と私とどっちをとるかね」と。私は「酒をとる」と言いました。すると「あんたは精神病じゃ」と言ったのです。後から考えると、そういうことを言うものがおるものですかね。父親が50の息子をつかまえて、「お前みたいなものは死んでしまえ」といいますか。私自身がそんな立場だったら言わないような気がするのですが…。そのくらい親を泣かしてきた自分があったのです。それとどうしても父と母との約束は守られんしね、とうとう高嶺病院のお世話になるようになったのです。それでもやっぱりやめられなかった自分があったし、またやめようとはしない自分があったし、高嶺病院で「あんた病気じゃから自分の意志ではやめられんよ」と言われても、それは違うといって動かなかったように思うのです。最終的には今言うように自分のしたことが問題だったし、おきたこと、おこしたことが問題であったから、やっぱり人間的な道を誤ったとこういう風に私は思うんです。こうしてやめ続けているということがいかに難しいかということも退院後に経験しました。けれど、何と言っても一番の根源というのは人の生き方が間違っていたということを思うわけであります。私が酒をやめて丸3年の時、父が亡くなりました。それから5年たって別れた女房を世話する人がありまして、女房が帰ってきました。以来仲良く暮らしておしますし、一人おりました子どもも東京で家庭を持っております。母と3人の生活をしておりましたが、毎月2回母を近所に預けて高嶺病院の例会に出席しました。母も近くの病院に入院させましたが、私がほとんど毎日行っておりましたし、女房も行っておりました。私が行くと喜んで「今日も飲みゃぁせんのう」と言ってました。「今日も飲んじやおらんよ」と大変よろこんでいました。

 私が一目でものぞかないでおりますと「今日は父ちゃんこんが、母ちやんまたのみよるんじやあるまいね」「何年ものみゃあせんから婆ちやん安心して」と妻がいっても「やっぱり今日こないということは飲みよるんじやろう。あんた早く帰ってみておくれ」といっておりました。私も仕事の都合があるから、毎日いけないときもありました。しかし母は私の顔を見ないと私のことを心配していました。そんな状態も2〜3ケ月、言葉が交わせるうちはよかったけれど、母が入院 8ケ月目に入って自分で言葉が言えないようになって、私が行くと微笑むよりも先に涙が出るんですよ。仰向けに寝ている時は涙が眼のふちにたまるのですよ。私がベットの反対側に行くとそちらの方に顔を向け、涙がすっと落ちるのです。ベットの右側に私が行くと、涙がほほをつたって落ちるのです。ものが言えなくなった母には言葉に出していえないつらさがあったと思うし、それが涙となって流れたのかもしれません。それだけ私は人の気持ち、親の気持ちを踏みにじってきたのです。それだけに親が息を引き取る時には恨めしそうなまなざしを私に向け、次第にいきたえていったような気がします。

 母の13回忌をしましたが、私もだんだんその年に近くなってきますんで、父と母の前では、「父ちやん、母ちゃん、あれからうちの母ちやんと仲良くやったよ」と報告するためにも今日一日だけでも元気で生きなければいけないと思います。明日のことはわからないから、今日一日だけでもいいから、と穏やかな日々を送っている今日この頃です。

 先日妻と2人で話し、高嶺病院という一つの出会いがあったから、やっぱり私の人生を変えていけたと思うのです。この出会いがなかったら、この一期一会がなかったら私はおそらく廃人となっていたことでしょう。先程もいいましたが、人との出会いは人生を変えると申しますが、確かにその通りだと思いますし、今から先も今日の渡辺先生のお話のようにありがたいことと、感謝ということと、いい人との出会いも悪い人との出会いも両方ありがたいと思う気持ちで私自身学んでいかなければならないというのが人間の生き方だと思っています。

 どうもありがとうございました。

(*1)ノートルダム清心学園理事長 渡辺和子先生、第20回高嶺病院同窓会 20周年記念特別講演「心豊かに生きる」、高嶺ふれあい 20周年特別号に収録。

 

高嶺病院