アルコール依存症治療専門病院 高嶺病院

Menu

News

【重要なお知らせ】新ホームページに移行しました

 高嶺病院は新しいホームページアドレスと電子メールアドレスに変更となります。今後ともよろしくお願いいたします。

新ホームページアドレス: http://koryohp.com

新メールアドレス: info@koryohp.com

高嶺病院は創立30周年

 平成24年3月1日で、高嶺病院は、創立30周年を迎えました。

★第148回★
★アルコール勉強会★

テーマ:『大学病院におけるアルコール依存症患者のかかわりを踏まえて』
講師:山口大学医学部附属病院 精神科神経科
医師 佐々木 順 先生
日時:平成30年3月23日(金)
19:00〜20:30

 拝啓、春陽の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。  さて、3月のアルコール勉強会のご案内です。今回の勉強会は、週に1度当院に勤務されている佐々木先生に総合病院におけるアルコール医療の取り組みについてお話ししていただく予定です。 今年度最後の勉強会となります。お誘い合わせの上、多くの方のご参加をお待ちしています。 尚、勉強会の日程が変更になっておりますのでご注意ください。

高嶺病院 連絡先

医療法人社団 信和会 高嶺病院

〒759-0134 山口県宇部市大字善和187番地の2

電話番号 0836-62-1100(代)
ファックス 0836-62-1105
メール info@koryohp.com

Links

更新履歴

免責事項・著作権について

このサイトでは、画面解像度は、800×600以上を推奨いたします。

旧サイトでの訪問者数
(2003.11.1 − 2015.02.15)
178,819件

現在の閲覧者数:

 

第18回高嶺病院同窓会《5年表彰受賞者の声》

断酒5年を経て

 J・F

 過去はアルコールに支配された生活を送ったアルコール依存症者です。20才から飲み始めた酒ですが、一杯の酒による陶酔感に惹かれ狂った生活感覚が身に沁み込んで来ました。ビール、酒、焼酎とアルコール度の強い常飲者となってゆき30才で世帯を持った時は晩酌に焼酎を二合飲んでいました。会社の帰りには酒店に寄りコップ酒を飲み、持金の少ない時は安い密造酒を飲み、自分の欲望のままに生活をし、家庭をかえりみることはありませんでした。また家内に給料をごまかして渡していました。酒なしでの仕事は出来ず朝から飲み、妻の注意も聞き入れませんでした。昼も会社で隠れ飲みをして体内からアルコールが切れる事はありませんでした。二日酔いで会社を欠勤する事も再々で、手が震えはじめました。酒店に焼酎の配達を頼み焼酎のパックの中栓を開けるのに震える手では開かないのでドライバーでこじ開け口飲みをしていました。酔払って寝込んでしまい、帰って来た妻に起こされ随分叱られました。

 今日は飲まずに帰って来ると心に誓って会社に出勤するのですが、手の震えで字も書けなくなり隠し酒を飲んでいました。身体に少しでもアルコールを入れるともう止める事は出来ず、退社後は飲食店、酒店と飲み歩き、泥酔状態になり路上に寝転んでは連絡を受けた妻と娘が連れに来てくれていました。 40才代でアルコール性肝炎で内科病院に入院しましたが、退院すれば又元の生活パターンで、反省は全くなく、家族や周囲の人達に大変迷惑をかけました。

 高嶺病院を内科の先生に教えてもらいましたが、拒否すると内科の通院を断られました。自分の意志で止めようとするのですが気負いばかりですぐ酒を飲み、酔いから覚めた時には罪悪感がつのり、自己嫌悪に陥り連続飲酒生活のはじまりでどうにもならなくなりました。妻の説得で高嶺病院に入院する事になりました。入院しても内科とは違い、違和感がありましたが、院長先生はじめいろいろな人達に支えていただきました。しかし私の考え方の間違いに気が付かず、五回も入退院を繰り返してきました。

 院内の集団治療の中で自助グループの必要と大切さがわかり始めてきました。自分はもう駄目かも知れない。あきらめの様な気持ちが湧き上って来たと同時にようやく自分の無力を認め、現実にそれを認めざるをえない境地に達しました。自助グループに出席し、素直に自分を語り、新鮮で賢明な生き方をしたいと思います。

 家族はもとより、迷惑をかけた人たちに償いをします。そのためにも一日断酒!

 

 

高嶺病院