アルコール依存症治療専門病院 高嶺病院

Menu

News

【重要なお知らせ】新ホームページに移行しました

 高嶺病院は新しいホームページアドレスと電子メールアドレスに変更となります。今後ともよろしくお願いいたします。

新ホームページアドレス: http://koryohp.com

新メールアドレス: info@koryohp.com

高嶺病院は創立30周年

 平成24年3月1日で、高嶺病院は、創立30周年を迎えました。

★第148回★
★アルコール勉強会★

テーマ:『大学病院におけるアルコール依存症患者のかかわりを踏まえて』
講師:山口大学医学部附属病院 精神科神経科
医師 佐々木 順 先生
日時:平成30年3月23日(金)
19:00〜20:30

 拝啓、春陽の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。  さて、3月のアルコール勉強会のご案内です。今回の勉強会は、週に1度当院に勤務されている佐々木先生に総合病院におけるアルコール医療の取り組みについてお話ししていただく予定です。 今年度最後の勉強会となります。お誘い合わせの上、多くの方のご参加をお待ちしています。 尚、勉強会の日程が変更になっておりますのでご注意ください。

高嶺病院 連絡先

医療法人社団 信和会 高嶺病院

〒759-0134 山口県宇部市大字善和187番地の2

電話番号 0836-62-1100(代)
ファックス 0836-62-1105
メール info@koryohp.com

Links

更新履歴

免責事項・著作権について

このサイトでは、画面解像度は、800×600以上を推奨いたします。

旧サイトでの訪問者数
(2003.11.1 − 2015.02.15)
178,819件

現在の閲覧者数:

 

アルコール依存症から回復の物語

 アルコール依存症の治癒を「正常なときのように飲めるようになること」とするならば、治癒は「ない」と言わざるおえません。しかしながら、我慢だけによる断酒ではなく、飲まないで生きる生活を送るようになることは可能であると考えています。この状態を、「回復している」と言います。この状態では、生活の質、人生への意義がいっそう感じられるようになることができます。このように「回復している」人に接すると、皮肉なことに人生において大きな問題がない人より人生に対する、生命に対する含蓄が感じられることもあります。
  ここに、回復の物語をいくつか紹介します。

回復の物語1

     「断酒5年を経て」  J・F

回復の物語2

     「20周年を振りかえって」  F・M

回復の物語3

     「20周年を振りかえって」  まん

回復の物語4

     「声」 ノックピン

 

AA12のステップ

AAの回復のプログラムである12のステップを、ノックピンさんが漫画風にしてくれました。こちらからご覧ください。

 

高嶺病院同窓会

高嶺病院同窓会は昭和59年から始まりました。当初は退院後、断酒に成功した人々に看護婦長や有志職員が激励の意味で、お酒なしの正月を迎えるための開催ではじまりました。 その後、第19回まで1回も休まず継続し、今の同窓会に発展しました。仲間のふれあいという和やかさと共に、断酒継続者への賞賛がみられる、そんな会です。 又、記念すべき第20回の同窓会に向け、平成13年2月より同窓会が主体となり、会員が一丸となって活動しております。

高嶺病院と同窓会の歩み

S57年(1982)
3月 高嶺病院開設(109床)、院内夜間例会(家族会)開始
S58年(1983)
1月 退院患者との同窓会開始、のち高嶺病院同窓会となる
5月 機関誌「ふれあい」(後の「高嶺ふれあい」)創刊
S60年(1985)
11月 山口アルコール医学研究所(高嶺会館)開設
H4年(1992)
  高嶺病院同窓会より高嶺病院開院10周年を記念して吉野桜植樹
H8年(1996)
8月 8年間の道路清掃を認められ、「道の日」に宇部市長表彰される
H12年(2000)
6月 高嶺病院・橋本院長が第22回日本アルコール関連問題学会を主催、これに駐車場係として協力
H13年(2001)
2月 断酒者表彰を同窓会主催のもとに推進することとなる
       
4月 高嶺病院同窓会規約改正
10月 高嶺病院同窓会会報「こうりょう」創刊
「高嶺ふれあい」の編集協力
12月 同窓会が高嶺病院の夜間例会後半の部の司会を担当することとなる

 

 

高嶺病院