病院について

HOME | 病院について

患者様とご家族への優しい医療を目指しています

病院理念

 
 

理事長あいさつ

理事長 橋本 隆

現代は少子高齢化、バブルの崩壊後、ストレスが多い時代です。不透明で希望がもてなくなるせいか、アルコール関連問題が増加しています。 問題が悪化すると肝障害、糖尿病や睡眠障害とともに、周囲の人達を巻き込んで大変な不幸、経済的損失をひきおこすのです。飲酒運転、失業、対人関係のトラブルや家庭崩壊などはその一例です。又最近では、定年退職後や女性、若年のアルコール問題をかかえた来院者が増加してきました。
アルコールは麻薬、覚醒剤やトランキライザーと同様依存性の薬物です。その使用で依存症が出来上がることが稀ではありません。
当院はアルコール依存症を中心として、人の心の問題の解決を目指す医療機関です。アルコール問題でお悩みのご本人、ご家族は是非ご相談ください。

 

スタッフ紹介

(常勤医師)

理事長・院長 橋本 隆

副院長 佐々木 順

(非常勤医師)

精神科 原 正吾

精神科 池田 賢作

精神科 野田 稔子

内科 福本 陽平

内科 小早川 節

神経内科 高瀬 良孝

消化器科 伊藤 駿介

放射線 小野田 秀子

歯科 久野 高嗣

歯科 久野 高博

(コメディカル)

事務長 田中

看護部

地域連携部

作業療法部

心理検査部

デイケア

薬剤部

医療事務

栄養治療部

病院施設紹介

病棟やデイケア棟にはミーティングが行える会場が複数あります。体の状態をチェックするために、各種検査機器(CT、腹部超音波、胃カメラ、脳波)を揃えております。週2回歯科診療を行い、患者さんの口腔ケアにも注意しています。

南全景

デイケア棟

入浴場

CT

病棟ホール

デイケア作業場

グランド

歯科

病院の歴史

 

1982年 病院開院

開院時より夜間例会を開始する

1983年 第1回同窓会

1987年 127床に増床

2005年 新病院へ移転

2018年 第35回中国・四国アルコール関連問題学会主幹

8月宇部市のココランドで開催しました