依存症について

アルコール依存症

お酒が飲みたくて仕方がない。飲み始めたら止まらない。お酒が切れると汗が出たり、手が震える。若い頃よりお酒の量が増えた。体のことを注意されても飲んでしまう。このような症状があればアルコール依存症かもしれません。

友達や会社の付き合いで飲んでいたお酒。お酒は”耐性”ができてしまう薬物です。そのため最初の頃に酔えていたお酒の量では酔うことができなくなり徐々にお酒の量が増えていきます。アルコールに長期間暴露されると、お酒を飲んでいることが普通になり、仕事中にもお酒のことを考えたり、飲んでいはいけないときにお酒が欲しくなったりする「渇望」という精神状態になります。さらに手の振るえや発汗などの体の症状がでてくる「離脱症状」が生じるようになってしまいます。このようにしてアルコールに対するコントロールができなくなった状態を「アルコール依存症」といいます。

アルコール依存症になってしまうと様々な体の異変が起きてしまいます。みなさんのよく知っている「アルコール性脂肪肝」だけではありません。「肝硬変」やそれに伴って起きる「食道静脈瘤」の問題もあります。さらに一番はアルコールによって脳がダメージを受けて「認知症」になってしまうことです。

アルコール依存症になると心の問題も生じてきます。うつ病や不安障害を合併したり、お酒が切れることでイライラしたり、眠れなかったりします。うつ病になるとやる気が無くなります。お酒の問題を隠すために嘘をついたり、ちょっとしたことで家族へ暴言や暴力となってしまうこともあります。

アルコール依存症は回復可能な病気です。ですが回復するまでの道は平坦ではありません。お酒をやめ始めたときにはアルコール離脱症状との戦いがあります。治療によって断酒を始めても、世の中は飲酒機会で満ち溢れています。再飲酒(スリップ)すれば元の木阿弥です。病院や仲間と支え合いながら断酒の生活を目指しましょう。