アルコール依存症治療専門病院 高嶺病院

Menu

News

【重要なお知らせ】新ホームページに移行しました

 高嶺病院は新しいホームページアドレスと電子メールアドレスに変更となります。今後ともよろしくお願いいたします。

新ホームページアドレス: http://koryohp.com

新メールアドレス: info@koryohp.com

高嶺病院は創立30周年

 平成24年3月1日で、高嶺病院は、創立30周年を迎えました。

★第148回★
★アルコール勉強会★

テーマ:『大学病院におけるアルコール依存症患者のかかわりを踏まえて』
講師:山口大学医学部附属病院 精神科神経科
医師 佐々木 順 先生
日時:平成30年3月23日(金)
19:00〜20:30

 拝啓、春陽の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。  さて、3月のアルコール勉強会のご案内です。今回の勉強会は、週に1度当院に勤務されている佐々木先生に総合病院におけるアルコール医療の取り組みについてお話ししていただく予定です。 今年度最後の勉強会となります。お誘い合わせの上、多くの方のご参加をお待ちしています。 尚、勉強会の日程が変更になっておりますのでご注意ください。

高嶺病院 連絡先

医療法人社団 信和会 高嶺病院

〒759-0134 山口県宇部市大字善和187番地の2

電話番号 0836-62-1100(代)
ファックス 0836-62-1105
メール info@koryohp.com

Links

更新履歴

免責事項・著作権について

このサイトでは、画面解像度は、800×600以上を推奨いたします。

旧サイトでの訪問者数
(2003.11.1 − 2015.02.15)
178,819件

現在の閲覧者数:

 

1.アルコール問題に対する理解の仕方

日本には240万人のアルコール依存症者がいると推定され、その中で専門治療を受けているのはたったの2万人といわれています。大部分の人はアルコールに対する認識の甘さゆえ、多くの問題を抱えながら家族に放置されたり、飲酒による様々な身体合併症により内科的疾患で一般病院の入退院を繰り返しています。「身体の調子が悪いから治してほしい」ということなのです。どこが悪いというのではなく、何が一番の問題なのかを認識していないのです。根本的な治療を受けないまま二次的な身体合併症にとらわれ、事態を悪化させているのが現状でしょう。救急医療の中でアルコールが関係しているものが16%〜20%あるといいます。アルコールの問題がおこってから専門治療に繋がるまで13年間回り道をするというデータもあります。

 アルコール依存症とは急性の病気ではありません。長い経過をたどりながら徐々に進行し、放っておくと問題が大きくなる病気です。長い経過をたどる原因は、本人や家族の病気に対する無知や偏見、否認のためだと思われます。実際当院で家族からの相談の電話から、本人の受診につながるケースは、全体の4分の1です。

  アルコール依存症は病気です。病気なら治さなくてはいけません。また、アルコール依存症は複雑な障害からの回復がある病気です。まず飲酒の問題で「おかしいな」と思ったら、専門の医療機関か保健所への相談をおすすめします。

高嶺病院

 高嶺病院は、昭和57年3月アルコール治療専門病院として山口県宇部市に開院されました。多くの治療を受けられた方々が、県内外の各地で断酒して健康な生活をしておられます。当院はアルコール問題でお困りの方、その家族の相談に応じています。お気軽にご相談ください。

 また、関連資料に当院のアルコール依存症への取り組みについて説明しています。参考にして下さい。

2.アルコール依存症の診断基準

  1979年に厚生省がまとめた診断基準をわかりやすく説明すると・・・

A群:離脱症状(禁断症状)の出現(身体依存)
お酒が切れると
 □ ひどく汗をかく
 □ イライラする
 □ 眠れない
 □ 全身が震える
 □ 微熱など風邪のような症状が出る
 □ 不安になる
 □ 手足が震える
 □ 幻視や幻聴が現れる など

B群:飲酒行動の異常(精神依存)

 □ 今日だけは止めておこうと思っても飲んでしまう(コントロール喪失)
 □ 程ほどで切り上げようと思っても、つぶれるまで飲んでしまう(コントロール喪失)
 □ 身体や家庭や仕事に支障が出ているのに飲み続ける(負の強化への抵抗)
 □ アルコールが体から抜けない状態が24時間以上続く(連続飲酒発作)
 □ 連続飲酒発作と飲めない時期を繰り返す(山型飲酒サイクル)

A群、B群のうちからそれぞれ一つ以上当てはまるものがある場合、依存症と診断されます。

3.具体的にアルコール依存症とは、どういう病気なのでしょうか?

@ 誰でもかかる病気です。

 性格的な欠点や、人間性の問題ではありません。誰でもかかる可能性があります。糖尿病が体質と生活習慣によっておきる病気であるのと同じです。また、飲んで暴れる人達だけをさすのではなく、飲んで暴れないアルコール依存症の人も沢山います。女性や若者、老人の方も近年増加の傾向にあります。

A 飲酒のコントロールを失う病気です。

 依存症になると、飲酒のコントロールが出来なくなります。一旦酒を口にすると、とことん飲んでしまうのです。飲むべきところでない時にも飲んでしまう。飲酒によって健康も家庭生活も社会生活も損なわれるのに、飲むのをやめられない。そして、アルコールが身体から抜けると、手の振るえなどの離脱症状があらわれます。このような症状を止めるために又飲酒してしまうことが多く、意志が弱いからではありません。

B 「否認」をともなう病気です。

 依存症にかかった人は、飲酒によって自分にも家庭にも様々な問題が起こっていることをなかなか認められないでいます。事実を認めると、飲むのをやめなければいけなくなるからです。そのために酒について忠告されても、無視したり、怒ったり、嘘をついたり、言い訳をしたりするなど「否認」と呼ばれる症状が出ます。

C 進行性で死に至る病気です。

 一度依存症になったら、放っておいて自然によくなるということはありません。飲みつづければ病気は更に進行します。最後に待っているのは「死」なのです。

D 治癒はありませんが回復はあります。

 一度酒に対するコントロールを失ったら、二度とそれを取り戻すことは出来ません。どんなに節酒に努めても、結局は失敗します。二度とふつうの酒飲みに戻ることは出来ないのです。しかし、断酒して治療を受けることで回復し、健康な社会生活に復帰することは出来ます。

E 家族を巻き込む病気です。

 本人だけではなく、家族もともに病んでしまうのが依存症の大きな特徴です。家族も本人と 同様、病気に巻き込まれた状態から回復することが必要です。

F 回復には助けが必要です。

 自分ひとりで回復することができるのでしょうか?本人にも家族にも助けが必要です。1つは専門的な治療を受けること、もう1つは自助グループに参加して仲間を得ることです。自己流ではアルコール依存症から回復することは難しいのです。

G 一生付き合っていく病気です。

 入院治療や通院治療が終了した後も、自助グループに参加しながら断酒を続けていくことが必要です。依存症は慢性の病気で、飲酒により再発します。一生この病気と上手に付き合っていかなければなりません。

4.その治療は?

 当院では入院治療と通院治療(外来)を行っています。その期間に個人差はありますが、しばらくの間は仕事を休んで治療に専念することが大切です。治療としては、まず、患者さんのお酒を切ることから始まります。禁酒と家族との関係修復のためには入院治療はとても有効な手段となっています。

 プログラムの基本となるのは精神療法です。目的は断酒治療の動機付けで、患者さんがアルコール依存症とその治療方法について正しく理解し知識を得ること、また断酒の動機付けを強化するために、自らの酒害や酒にとらわれていた心を深く省みる棚卸しの作業をすることです。今までの自分と正面から向き合うこと。その方法が集団精神療法です。グループを作り、治療者のもとでミーティングを繰り返します。自分のことを話し、人の話を聞くことで自分の問題に気付き、自己洞察が行われ患者さんの心が大きく変化します。 また、病院の中には患者さんでつくられる自治会があります。これは患者さんたちが自ら入院生活を豊にするためでもあります。運営しているものですが、それ以上に大切な目的は、集団生活の中で連帯感を強めながら治療意欲を高めるためです。断酒に向けての動機付けを病院だけに求めるのではなく、患者さん自身が主体性を持つための大切なシステムです。

 他に、入院治療プログラムに沿った規則正しい生活が、飲酒によって崩れた生活のリズムを軌道修正させることになります。

 ある程度の自己洞察と断酒の動機付けが出来てきたら、外出、外泊が始まります。入院中から院外の自助グループに参加、外泊も地域のそれに合わせてのもので、ただ家に帰るだけの外泊とは異なります。入院中から地域の自助グループに参加することは、退院後の断酒生活の基盤つくりでもあり、通院訓練につなげるための大切なプログラムです。
  また、家族関係が壊れている家庭が多いので、外泊訓練を繰り返す中でお互いの受け入れの準備をし、退院に備える作業も必要です。患者さんに必要な場合は、生活技能訓練も行っています。家族の方には院内夜間例会や家族教室に参加して、本人の受け入れ態勢を整えていただきます。

 退院した後は通院が始まります。入院中は飲めない環境ですが、通院では個人の生活や社会生活の中で治療するという次の段階のプログラムになります。飲んでいないことが前提のプログラムなので、飲酒予防のために抗酒剤を服薬していただきます。飲まない生活が安定しているように見えても、しばらくの間はわずかなきっかけで精神的に動揺し、再飲酒しやすいからです。そして、外来ミーティングに参加し、集団生活の中から社会性の回復を目指します。通院、自助グループ、抗酒剤という断酒の三本柱を通して飲まないで生きていく生活を身に付けていくのです。

◆院内夜間例会、家族教室について

 当院では月に2回の院内夜間例会と、月1回の家族教室を行っています。本人は勿論のこと、家族の方にもアルコール依存症の知識と理解を深めて頂くためのものです。 アルコール依存症は病気です。気が付かない、または治りたがらない病気とも言われます。正体が判りにくいのですが、早期治療でよい結果が期待されます。早い段階で専門医の診察を受けることをお勧めいたします。

5.内科的な問題

「 アルコール症に想う 一高嶺病院ご開院20周年を祝して一」
山口大学医学部附属病院総合診療部 教授 福本陽平

[前略]一方、内科的にみますと、アルコール症の患者さんは、同年代の一般の人と比べて非常に多くの内科疾患を併発している印象がありました。昨年、市内の医療者の研究会で報告するために、併発した内科的疾患の頻度を調べてみたのですが、肝障害は入院患者さんの約90%に、消化性潰瘍や貧血が約30%、糖尿病や虚血性心疾患が約20%に見られました。勿論、症状の程度は非常に軽いものから重いものまでさまざまですが、一般の人に比べて、肝障害では約20倍、胃潰瘍や十二指腸潰瘍は約6倍多く発生していることになります。 肝疾患には、肝炎ウイルスによるB型やC型肝炎もありますが、これらの肝炎ウイルスの陽性率は当院のアルコール症では2〜5%程度であることもわかり、過去に擢患した既住者の多いことも特徴的でした。ウイルス肝炎の擢患率が高くないことは、禁酒することにより良くなる肝障害が大半であることを示しています。そのほかに、高血圧症、脳血管障害、胆石症、喘息症、膵炎、不整脈、神経障害など、成人にみられる多数の疾患が発生していました。成人病が、最近では生活習慣病と言い換えられているように、アルコール症への対応には禁酒を含めた日常生活全般にわたる節制が求められます。
  また、以上のような内科的疾患は中年になって、急に高い頻度で発生していることから、若い時にはアルコールによる障害も、身体に備わっている生体防御能や解毒などの代謝機能により代償することが可能であったが、40〜50歳代になると非可逆性となり身体障害として現れると思われます。[後略]

 

高嶺病院