診療部

アルコール依存症をおもな対象疾患としているので、精神面と身体面(特に内科)の治療を行っています。通常の入院診療と外来診療が中心で、他には書類作成、会議出席、自助グループ見学、外部機関での講演や会議、学会発表など多岐にわたります。当然医師だけでは全てできないので、他の職種の協力を得たり、あるいは代行をお願いしたりしています。
チーム医療を行う上での司令塔としての役割も担っています。

電話問い合わせ