• AUDIT
  • SOGS
  • IAT

アルコール依存症スクリーニングテスト

アルコール依存症スクリーニングテストでアルコールの問題を見てみましょう

1. 
あなたはアルコール含有飲料をどのくらいの頻度で飲みますか?
2. 
飲酒時は1日平均して何ドリンク飲みますか?
3. 
どれくらいの頻度で、一度に6ドリンク以上飲むことがありますか?
4. 
飲み始めたら、飲むのを止められなくなったことが、過去1年でどれくらいの頻度ありますか?
5. 
飲酒のせいで、通常あなたが行なうことになっていることを行なうことができなかったことが、過去1年でどれくらいの頻度ありますか?
6. 
飲み過ぎた翌朝、アルコールを入れないと動けなかった、ということは過去1年でどれくらいの頻度ですか?
7. 
飲酒後に罪悪感・後ろめたさを感じたり、後悔をしたことが、過去1年どのくらいの頻度ありますか?
8. 
飲酒翌朝に夕べの行動を思い出せなかったことが、過去1年でどれくらいの頻度ありますか?
9. 
あなたの飲酒により、あなた自身や他の人がケガをしたことがありますか?
10. 
親戚、友人、医師、または他の保健従事者があなたの飲酒について心配をしたり、飲酒を控えるようにとあなたに薦めたことはありますか?

ギャンブル依存症スクリーニングテスト

SOGSであなたのギャンブル問題をスクリーニングしてみましょう

1. 
ギャンブルに負けたときに、負けを取り戻そうと別の日にギャンブルをしますか?
2. 
ギャンブルで負けた時でも、勝っていると嘘を吐いたことがありますか?
3. 
ギャンブルのために何か問題を生じたことがありますか?
4. 
自分がしようと思った以上に、ギャンブルにハマったことがありますか?
5. 
ギャンブルのために人から非難を受けたことがありますか?
6. 
自分のギャンブル癖やその結果生じた事柄に対して、悪いなと感じたことがありますか?
7. 
ギャンブルを止めようと思っても、不可能だと感じたことがありますか?
8. 
ギャンブルの証拠となるような券などを家族の目に触れない内容に隠したことがありますか?
9. 
ギャンブルに使うお金に関して、家族と口論になったことがありますか?
10. 
借りたお金をギャンブルに使ってしまい、返せなくなったことがありますか?
11. 
ギャンブルのために仕事をサボったことがありますか?
12. 
ギャンブルに使うお金をどのようにして作りますか?当てはまるものに全てをチェックしてください(各1点)

インターネット依存度テスト

インターネット依存度テストであなたのネット・ギャンブルの使用に問題ないかチェックしてみましょう

1. 
気がつくと思っていたより、長い時間インターネットをしていることがありますか。
2. 
インターネットをする時間を増やすために、家庭での仕事や役割をおろそかにすることがありますか。
3. 
配偶者や友人を過ごすよりも、インターネットを選ぶことがありますか。
4. 
インターネットで新しい仲間を作ることがありますか。
5. 
インターネットをしている時間が長いと周りの人から文句を言われたことがありますか。
6. 
インターネットをしている時間が長くて、学校の成績や学業に支障をきたすことがありますか。
7. 
他にやらなければならないことがあっても、まず先に電子メールをチェックすることがありますか。
8. 
インターネットのために、仕事の能率や成果が下がったことがありますか。
9. 
人にインターネットで何をしているのか聞かれたとき防御的になったり、隠そうとしたことがどれくらいありますか。
10. 
日々の生活の心配事から心をそらすために、インターネットで心を静めることがありますか。
11. 
次にインターネットをするときのことを考えている自分に気がつくことがありますか。
12. 
インターネットの無い生活は、退屈でむなしく、つまらないものだろうと恐ろしく思うことがありますか。
13. 
インターネットをしている最中に誰かに邪魔をされると、いらいらしたり、怒ったり、大声を出したりすることがありますか。
14. 
睡眠時間をけずって、深夜までインターネットをすることがありますか。
15. 
インターネットをしていないときでもインターネットのことばかり考えていたり、インターネットをしているところを空想したりすることがありますか。
16. 
インターネットをしているとき「あと数分だけ」と言っている自分に気づくことがありますか。
17. 
インターネットをする時間を減らそうとしても、できないことがありますか。
18. 
インターネットをしていた時間の長さを隠そうとすることがありますか。
19. 
誰かと外出するより、インターネットを選ぶことがありますか。
20. 
インターネットをしていないと憂うつになったり、いらいらしたりしても、再開すると嫌な気持ちが消えてしまうことがありますか。